育児情報誌ワイヤーママ創刊15周年記念

カンボジア支援事業 KIZUNAプロジェクト


育児雑誌ワイヤーママを発行する(株)ワイヤーオレンジは、

KIZUNAプロジェクトを通してカンボジアの子どもたちの生活を支援していきます。


カンボジアの伝統的な縫製技術により、一枚一枚丁寧に手織りされたクロマー・スタイ。

クロマー定番のボーダー柄と、カンボジアの代表的な果物のひとつ

スイカをモチーフにしたスカイ柄(2種)の計3枚セット。

※クロマー・スタイには、織り疵・色斑・糸斑・色擦れ等がありますが、

手織りならではの味わいと温もりを一緒に、一つ一つ違う仕上がりを楽しんで頂ければ嬉しいです。

(当商品の交換・返品・返金等はお受けできません。

ご注文の際はご理解の上、ご購入くださいますようお願い致します。)



クロマー・スタイ カンボジアKIZUNAプロジェクト





クロマー・スタイ カンボジアKIZUNAプロジェクト




クロマー・スタイ カンボジアKIZUNAプロジェクト

●本製品はカンボジアの伝統的な縫製技術により、一枚一枚丁寧に手織りされています。

●製品によっては下の写真のように織り疵・色斑・糸斑・色擦れ等がありますが、使用上問題ございません。

1点1点表情が異なる、手作りならではの味わいと温もりを楽しんで頂ければ嬉しいです。この、作りはじめたばかりの「クロマー・スタイ」には、有名ブランドのようなクオリティは、まだありませんが、伝統的な手織りならではの 味わいと、太陽の恵みを受けて育った天然コットン100%の温もりを感じてもらえたら嬉しいです。彼女たちが織るクロマーは、カンボジアの伝統的な縫製技術により、一枚一枚丁寧に手織りされています。



カンボジアのすべての子どもたちが、

・教育が受けられるよう

・病院で治療が受けられるよう

・劣悪な労働条件で働かされないよう

私たちはこの活動を、拡げてゆきます。





クロマー・スタイ カンボジアKIZUNAプロジェクト




 (株)ワイヤーオレンジ2015年2月19日、クロマーを作っている女性たちに、私たちが実際に逢いに行きました。

訪れたのは、カンボジアの首都プノンペンから車で3時間のコンポンスプー州ボーセット郡にある、人口約500人のサラム村。

1家族(4〜5人)が1ヶ月 約100ドル(1万2000円)の収入で暮らす、小さな小さな村の生活を支えているのが、

女性たちが織るクロマー(主にストールとして使われている万能布)です。

実は、私たちは2013年7月にカンボジアを訪れて以来、このクロマーでストール以外にも何か作れないか? を模索し、

「クロマー生地で作ったスタイ」の試作を重ねてきました。

あれから2年・・・・ついに、「クロマー・スタイ」が完成しました。

この「クロマー・スタイ」を適正価格で仕入れ、日本で販売することで、私たちはカンボジアの子どもたちの生活を支援していきます。







おむつ寿司本舗阿波踊り・お祭り館ママバッグ館メモリアルアイテム館ワイヤーママ

Copyright (C) 2001-2016 WAIYA, WIREMAMA . All Rights Reserved.